敷金ゼロ物件

最近不動産屋で導入している所が増えてきたのが「敷金ゼロ物件」です。
賃貸物件に入居するときに支払う敷金。
これをゼロにしますよという素晴らしい物件です。

通常敷金は家賃の2~3ヶ月分ですよね。
家賃10万円としたら20~30万円は敷金として支払わなくてはいけません。

これに通常礼金も2~3ヶ月分かかることになります。
同じように考えれば敷金・礼金だけで60万近くかかってしまいます。

これが敷金がなくなればぐっと負担が減りますよね。
初期費用をできるだけ抑えたいという方に、この敷金ゼロ物件はとても人気があるようです。

しかし、いいように見えて敷金ゼロ物件にはいろいろと条件があります。
例えば敷金ゼロになる代わりに月々の家賃が増えることがあります。
家賃の数%上乗せされるということですね。
月々の負担は数千円で済むことがほとんどですが、長い目でみると何万円・何十万円とかかってしまいます。
プラス、退去時の修繕費もかかることになります。
敷金というものは退去時の修繕費に充てられますので、敷金ゼロだと退去時に多額の費用がかかる場合もあります。

初期費用が抑えられる分、メリットデメリットがあるのが敷金ゼロ物件です。
よく考えて利用してみてください。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 知らないと損する!不動産の裏情報! All Rights Reserved.