賃貸物件の選び方

部屋を借りようとしたとき、みなさんは何を重視しますか?
駅までの距離・周辺にお店がある・日当たり・静かな環境・家賃…
いろいろあると思います。

だいたいの方がこのような条件をまず挙げるようですね。
しかし、上の条件だけで物件選びをすると失敗することが多いのを知っていますか?
実際に物件を見学しにいったときに良い物件を見分けるポイントを知っておかないと損をしますよ。

まず物件見学に行ったときには、周辺の環境をチェックしましょう。
車や人の交通量や街灯の数などは、物件情報に書いてませんからね。
できれば昼・夜・天気のいい日・悪い日と何回か見学に行くのがいいでしょう。
それぞれの環境下でどう違うかがわかると思いますよ。

そして騒音です。
壁をノックしてみて、叩くと痛い場合はしっかりと壁にコンクリートが入っている証拠。
あまり痛くない場合はコンクリートが入っていない=音が響きやすいということになります。
お隣の音や自分の生活音が聞こえてしまう可能性があります。
騒音問題を気にする方は、やってみるといいかもしれませんね。

他にも隣人はどんな人か担当さんに聞いてみるのもいいでしょう。
空室の場合は、なぜ空室になったのか聞いてみるのも手ですよ。
「上の人がうるさくて」などの理由の場合は、気を付けた方がいいってことですね…

賃貸物件の選び方を書きましたが、これはその他不動産購入の場合にも使える方法だと思います。
入居してから後悔しないようにしましょう。
 

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 知らないと損する!不動産の裏情報! All Rights Reserved.