知らないと損する!不動産の裏情報! TOP不動産情報 >賃貸物件の退去時の負担について

賃貸物件の退去時の負担について

賃貸物件から退去するときには「原状回復」という義務が発生します。
これは退去時に次の人が入居するために、綺麗な状態に戻してくださいねという決まりです。

不動産屋や物件によって、この原状回復義務の負担がどこまでかは変わりますが…
中には「こんな所までこっちの負担で直さなくちゃいけないの?」って物がありますよね。

では退去時にはどこまで修繕しなくてはならないのか?
これには「普通に暮らしていることで自然に汚れてしまうしょうがないこと」には、回復義務はありません。

例えば電化製品を置くことで壁が汚れてしまう電気焼け。
これは生活必需品の家電を置く上ではしょうがないこと。
修繕義務はないと言われています。
他にも壁紙の日焼けもしょうがないことの一つ。
家具を置いたことで畳がへこんでしまったときも、自然消耗にあたるので負担の義務はありません。

しかし逆に借主が気を付けることで防げたであろう物には、負担する義務が発生します。
まず台所などの油汚れやスス汚れ。
これは普段から掃除・手入れをしていれば良い物なので、負担義務が発生します。
同じように煙草のヤニ汚れで壁が汚れてしまった場合も、壁紙の張り替えを負担しなくてはいけません。

どこまでを負担しなくてはいけないのか?
これは入居時にしっかりと不動産屋に確認しておきましょう。
上記のように負担義務がないとされている場合でも、規約で負担することと決まっている場合には負担しなくてはならない場合もあります。

契約前に確認!
これが退去時に困らないようにする一番の方法ですね。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 知らないと損する!不動産の裏情報! All Rights Reserved.